6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イギリスでの出産体験記(後半)
夫が、いきんでもいいか、様子を見に来てくれないかと聞いても
詰め所にいた助産婦はまだダメ、と対応する気は全くなし。
しばらくそこで彼と助産婦が押し問答をしていると
偶然通りかかったチーフ助産婦が、一度確認したほうがいいと言って
病室に来てくれました。
まさに命の恩人!!

ようやく内診をしたところ、すでに子宮口は完全に開いていて
胎児の頭も出かかっていることが判明。
あわてて胎児の心拍を計る機械をつけると
(本当はもっと早い段階でつけているはずの機械です・・・)
心拍数が60近くまで下がっていて、危険な状態だったのです。

一度はセットされた笑気ガスも1分くらいで取り上げられ(笑)
胎児に酸素を送り込むために酸素マスクをつけました。
もう死ぬかと思うくらい痛かったので、
エピデュラルー!と叫んでも、いまさら遅いから、と即座に却下。
いまさらって!いまさらって!ずっと前に頼んでたし!!(怒)
もちろん水中出産も間に合わず。

そこから緊急ベルで産婦人科医が呼ばれ
胎児が危険な状態なので、吸引することになり
いきむこと6回くらいで息子は生まれてきました。
生まれてすぐに大声で泣いたので、夫はほっとしたそうです。

その後、ざっとタオルで拭いただけの息子が胸の上に乗せられ
感動・・・する間もなく、わたしは後産、縫合(かなり裂けたので)。
この縫合がまた、めっちゃくちゃ痛かった!
ちなみに、こちらでは産湯を使わないので
病院にいる間、息子にはところどころ血がこびりついたままでした(笑)

一時は産婦人科医、助産婦合わせて8人くらいいた病室も
息子の検診が済むと、さぁぁーっと誰もいなくなり
夫と私と息子が残されました。
後で母乳指導に来るわね、と言っていた助産婦も結局来ず。
そんな適当さにはもう驚きませんが
出産本片手の夫に、今度は授乳を指導される羽目になります。
ありがたいことに息子はやる気のある赤ん坊だったため
自力で母乳の飲み方をマスターしてくれて助かりました。

この時点でもう夜中になっていたので
私よりもヘトヘトになっていた夫には帰ってもらって、
息子と2人、病室で一晩過ごしました。



<出産後>
出産前に助産婦に、みんな出産後一晩で帰宅するけど
居たかったら3日間くらいいてもいいわよ~、と言われたときは
そんなすぐに夫と2人きりになっても不安だし・・・
と、思っていたのですが
結局、出産翌日に退院しました。

だって病院にいても別に何にもしてくれないし
(夜中に息子のオムツを一回替えてくれただけ)
ご飯はまずいし
周りの赤ちゃんの泣き声はうるさいし
こんなんやったら、家にいたほうがええわ!!

退院後は2週間くらいの間、2・3日に1回
助産婦が家まで様子を見に来てくれるので
それはとっても助かりました。
イギリスでは夫も出産休暇が取れて
出産後2週間は、ずっと家にいられるのもいい制度。
っていうか、彼がいなかったら
さすがに出産後すぐに1人で育児はムリでしたね。

あと、日本と違うのは、生後1週間くらいで助産婦に
そろそろベビーと一緒に外出したら?と言われることです。
ええー!?と思ったけど、郷に入れば郷にたがえ、で
生後10日前後の息子と一緒に、出生届を出しに行ったり
クリスマスショッピングに行ったりしました。
息子は寒風吹きすさぶ中、スリングにくるまれて平然としていましたが
縫合した傷が痛い私の方が、お出かけは辛かったです。
傷は結局、完治するのに3ヶ月くらいかかりました。


ずいぶん長くなりましたが、イギリス出産体験記でした。
想像していた出産の形とはずいぶん違いましたが、
結局は入院から2時間半、分娩期に入ってからはすぐの安産だったし
息子も今のところ何の異常もなく
すくすくと育ってくれているので
まあ、終わりよければ全て良し、でしょうか。
[PR]
# by on_leave | 2009-06-13 08:07 | ベビーと私のDolce Vita