6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
上海、隠れ家的プチホテルに泊まる
時期:2006年5月(1泊)
ルームタイプ:ダブルルーム

わたしは古い住居などを改造したこじんまりとしたホテルが好きなのですが、上海にあるお洒落なホテルは巨大なものばかり。以前より素敵なプチホテルがないか探していたのですけれど、どのガイドブックにも載っていなくて、もう上海には存在しないのかなあと思っていました。(新天地にそれらしいホテルが一つあるのですが、新天地自体フェイクな感じで、あまり好きではないので・・・)

そんな中、Economistのウェブサイトで上海情報を見ていたら、そこに載っているお勧めのBudget Hotelがなんだかとってもそれっぽい感じ。Budgetといいつつも、Economistに載っているものだからバックパッカー向けではなさそうですし、ネット上でも評判がよくて、なんだか素敵ホテルの予感がします。プチホテルを発見♪

ところが、ここに泊まろうと決めてからが、ちょっと大変でした・・・。まず、Economistに記載の電話番号が間違っていました(涙)。なんとか正しい電話番号は探し出したものの、電話をしたら英語が通じませんでした(涙)。(実際にはフロントには英語が通じるし、日本語がとっても上手なオーナー(?)もいらっしゃいます。偶然、中国語しかわからない人が出てしまった模様。)中国人の友人に電話をしてもらったところ、宿泊予定の日は満室(涙)。結局、2泊したかったところを1泊にして、ようやく予約できたのでした。ふ~。

で、念願のOld House Inn(老時光酒店)。古ぼけた外見と日常っぽい周囲の様子がいい感じです☆上海によくある入り口に管理人のような人が座っている門つきの路地の奥にあるこのホテルは、どうやらもともとは一軒家だったようです。部屋数は12のみ。ガイドブック等に全く載せていないのに口コミで人気が出て、いつもいっぱいということでした。

部屋の中はこんな感じです。

a0081976_2383836.jpg

ベッドはキングサイズ


a0081976_23938100.jpg

家具は明朝。ドアの向こうはバスルームです。


部屋の落ち着いた雰囲気から、古い中国の家に泊まっている気分になります。アンティーク風にまとめられているのもオシャレで、authenticではないけれどstylishなホテルでした。部屋も広くて、窮屈な感じは全くしません。

a0081976_2405063.jpg

フロントから部屋に続く階段も素敵にデコレーションされています。

部屋の外にはバルコニーがついていて、我々の部屋からは真下のパティオとレストランのキッチンと周囲の建物が見えました。このホテルのレストランは、上海在住の駐在員にとっても人気があるようで、いつも沢山の外国人でにぎわっていました。

バスルームはどちらかといえばベーシックで、シャワーとトイレと洗面台のみ。バスタブがついている部屋もあるかもしれません。あまり広くないので、二人で歯磨きをするスペースはないかな。ちなみに、以前の記事でご紹介したフォーシーズンスの巨大な洗面台にはシンクが二つついており、その間に十分なスペースが設けられているので、女の子二人が化粧品やボトル類を大量に置いても全く問題ナシ、でした。

朝ご飯はComplimentaryのものはかなりシンプルなようですが、アラカルトを注文することもできます。サーモンの入ったオムレツが、おいしかったです。ホテルのフロントも、ポーターのお兄さんも、みんな親切で、ニコニコしていて、とっても居心地のいいホテルでした。上海に、もっとこんな個性的なホテルが増えて欲しいな~。
[PR]
by on_leave | 2006-06-28 02:35 | 上海で素敵ホテルに泊まる