6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界で一番ロマンチックな島 ザンジバル②
世界で一番ロマンチックな島、ザンジバルでの次の宿泊先は、ザンジバル島からボートに乗り、Chumbe(チュンベ)海洋公園に浮かぶChumbe Islandの中にありました。400種類の熱帯魚と200種類の珊瑚が生息するこの海洋公園には、インド洋有数の珊瑚礁が広がっているそうです。そのため、この島における全ての活動は自然環境に影響を与えないよう、エコ・フレンドリーに運営されています。

a0081976_14453242.jpg

小さな島の海岸沿いに、7つのバンガローが点在します。


テレビも電話もないこの島では、珊瑚礁でシュノーケリングし、森の中を歩き、灯台に登って海と島と空を眺めました。

a0081976_14501514.jpg

島のアイコン的存在である灯台


島では食事時以外ほとんど他のゲストに会うことはなく、とても静かで贅沢な空間でした。

a0081976_1455973.jpg

バンガローのベッドルーム


バンガローは1階がリビングスペース、2階がベッドルームスペースになっています。シンプルに見えますが、使われている小物や布はセンスよくまとめられており、室内は清潔で、気持ちよく過ごすことができました。オープンな作りですが、隣接するバンガローと十分離れており、また人の通り道とバンガローの間には木々が繁っているため、プライバシーは十分守られます。そして、バンガローを吹き抜ける風が自然のエアコンとなっていました。

電気は太陽電池、水は雨水を濾過したものというエコロジーな環境ですが、それを不便に思うことはなく、Chunbe Islandにおける3日間の滞在は、非常にグラマラスな経験だったと思います。

ザンジバルの話はあと1回続きます。
[PR]
by on_leave | 2006-07-12 16:18 | アフリカのリゾートでリラックス