6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界で一番ロマンチックな島 ザンジバル③
a0081976_19202558.jpg


少し間が空いてしまいました。ザンジバルで最後に訪れたのは、Matemwe Bungalowです。ここはザンジバルの東北に位置するビーチ沿いのホテルで、12のバンガローが海を見下ろす形で建っており、ハンモックの下がった部屋のバルコニーから素晴らしい景色を望むことができます。このMatemweは、白く続く人気の少ない砂浜と、珊瑚礁と、そしてダイビングのポイントへ向かう途中ではイルカにも出会える、ロマンチックなザンジバルでも屈指のグラマラススポットでした。

a0081976_19382199.jpg

イルカを見かけ、シュノーケルと水中眼鏡をつけて海に飛び込みました。近くまで寄ってきてくれたイルカと目が合った(と信じている)のがザンジバルで一番の思い出です。


このMatemweでのダイビングは、高い透明度(30メートルくらいでしょうか)とお花畑のような一面の珊瑚礁、そして数多くの熱帯魚に恵まれ、非常に印象に残るものでした。Matemwe Bungalowにはダイビングセンターがないのですが、近くのMatemwe Beach Guesthouseに立派なダイビングセンターが併設されていて、そちらを利用できます。我々はマイ・シュノーケルすら持っていない手ぶらダイバーなのですが、きちんと整備されたダイビング機材がすでにセットされていて、あとは背負って飛び込むだけのアフリカでのダイビングスタイルはとても楽で、これまで問題があったことはありません。日本では、自分でセットしたり洗ったりしなくてはいけなくて、けっこう大変ですよね・・・。Matemweでのダイビングでは、いつのまにか"big eye"と呼ばれる魚の群れの中に紛れ込んでいて、左右上下を魚に囲まれて泳ぐという体験もしました。透き通るように青い海の中をキラキラと太陽の光が差し込んでいて、周りを赤い魚が取り囲み、遠くに珊瑚礁と熱帯魚と亀の姿が揺れていたのを覚えています。

a0081976_19591845.jpg

疲れたら部屋のバルコニーで一休み。写真はハンモックに揺れる相方。夕日は見えませんが、朝日が昇るのは見ることができます。


このMatemwe Bangalowは朝食のほか夕食も料金に入っていて、毎日数種類のメニューの中から好きなものを選ぶことができました。どれもおいしかったのですが、その中でもわたしのお気に入りはPepper Crab。胡椒が沢山ついた蟹が丸ごと2匹ほど出てきて、一緒についてきた麺棒のような木の棒でガンガン甲羅を叩きながら身を食べます。スパイシーでとてもおいしかった☆

a0081976_20113188.jpg

白い砂浜を自転車で走る地元の人たち。どこかに資材を運ぶ途中でしょうか。遠くに見える島は、ビル・ゲイツがミレニアムを過ごしたというMnemba Islandです。いま調べてみたところ、この島にあるロッジは一泊600-900ドルくらいで、そこまでExtremeに高いわけではないのですが、当時はなぜか相方に一泊2000ドルは下らないと信じ込まされ、泊まってみたいけどムリやな~、いつか泊まってみたいな~、と浜辺から眺めていました。

これで、ザンジバルは一応おしまいです。次は、先週の3連休で小籠包を食べるために行って来た台湾をレポートしたいと思います。
[PR]
by on_leave | 2006-07-22 20:18 | アフリカのリゾートでリラックス