6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
台北-圓山大飯店に泊まる
◆台北 圓山大飯店
時期:2006年7月(2泊)
ルームタイプ:デラックス・ルーム(本館)

旅好きな人の例に漏れず、わたしはホテルに泊まるのも大好きです。一番好きなのは、昔ながらの風情があるAuthenticなホテル。ただし、掃除が行き届いていて、バスルーム等の水周りに問題がないことは、最低条件ですけれど・・・。次に、その国での伝統あるホテル、そしていわゆるプチホテルが続き、最後に欧米系の5つ星ホテルとなります。もちろん、泊まり心地のよさは、欧米系5つ星ホテルが群を抜いていたりするのですが、どこでもあまり変わりのない心地よさというのは、少し退屈で、わざわざ旅行先で泊まらなくても・・・、と思わず避けてしまいます。東京や大阪で、ちょっと非日常的な気持ちを味わいたいときに泊まるには、最高なんですけれどね。

そんなわけで、台北でわたしが泊まったホテルは、圓山大飯店です。このどこから見ても中国的なゴージャスな雰囲気、多くの国賓が泊まったという格式、そして元々は日本の神社が建っていたところに宋美齢の提唱で立てられたホテルという歴史、台北を訪れるときには是非泊まってみたいとずっと思っていました。ようやく念願かなって嬉しい。

a0081976_23345177.jpg

決して見間違えることのない印象的な外見


a0081976_2342951.jpg

絢爛豪華なロビー


ロビーにはちょっとシャビーな土産物のショーウィンドーがあったりして、多少がっかりポイントはあるにせよ、期待通りの中華な雰囲気満載のホテルでした。サービスはイマイチと聞いていたのですが、特に嫌な思いをすることはありませんでした。

a0081976_23471727.jpg

ベッド周りも中国っぽい


a0081976_23474879.jpg

部屋に飾ってあった可愛い絵


a0081976_23482284.jpg

バスルームは普通。アメニティも普通。Acceptableといったところ。


部屋は多少くたびれた感もあり、すっごく素敵なわけではありませんが、中国風の家具が使われており、特に掃除が行き届いていないといった印象もなく、快適に3日間を過ごしました。ホテルは高台にあるので、部屋からの眺めは最高です。

ちょっと市内から外れていて、且つホテルから駅まで歩けないので、多少不便ではありますが、一度は泊まってみる価値のあるホテルだと思います。
[PR]
by on_leave | 2006-07-30 23:59 | 台北でB級グルメ三昧