6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
香港でペニンシュラに泊まる
10月の三連休に香港に行ってきました。
彼が手配してくれて、空港にロールスロイスが迎えてきていました☆
といっても、ダックスフンドのような長いロールスではなくて、
セダンのちょっと大きいバージョンでしたけれど。

そんなわけで泊まったのはペニンシュラです。
モロッコの砂漠で一眼レフに砂が入ってしまい、
友人に借りた使い慣れないカメラで撮ったので、
香港の写真は全体的にピンボケ気味なのですが・・・。

a0081976_2220736.jpg


部屋の窓からは百万ドルの夜景が見えました。
ベッドはマットレス固めで、ウェスティンのヘブンリーベッドには叶いませんが(笑)
寝心地はとってもよかったです。
しかももともとツインしか空いてなかったのに、
なんとかダブルベッドの部屋をアレンジして頂きました。

a0081976_23255356.jpg


アメニティはペニンシュラオリジナルで、
シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸が用意されていました。
わたしはどんないいホテルに泊まっても
コンディショナーの品質がとっても気になるのですが、
ペニンシュラでは髪がバサバサにならずにすみました。

そして夜景以外に特筆したいのは数年前に出来たばかりというペニンシュラ・スパ。
1時間半で3万円5千円という値段に軽くビビりつつも、
"Freedom of Life"というガッツリマッサージ+フェイシャルをお願いしたのですが
ものすご~く!!気持ちよかったです。
これまで、有名どころのホテルのスパは一通り体験してきましたが、
技術の高さと設備のよさはこのペニンシュラ香港が一番でした。

まずスパの受付を済ませ、担当のエステティシャンを待っている場所が
水と空気のオブジェに囲まれていて、いつまでも座っていられるような
癒し空間になっています。
トリートメントルームは個室で、しかもハーバービュー。
香港の百万ドルの夜景を見ながら、まずはお茶を飲みつつ
足湯と足のマッサージを受けます。
このときに、フェイシャルとボディで使うオイルの種類を選ぶことができます。
わたしはヒーリング効果が高いという柑橘系のオイルをチョイス。

マッサージが始まってからは窓にはブラインドがかかり
静かな音楽と完璧な空調と、そして天国のようなマッサージが始まります。
スクラブのクレンジングのあとはいったんシャワーを浴びるのですが、
シャワールームもとってもステキでした。
オイルマッサージの前には、顔の下にお湯にアロマオイルを落とした
洗面器を置いてくれて、芳香浴も同時に受けることができます。

スパのあとはリラクゼーションルームとサウナが自由に使えます。
リラクゼーションルームは壁一面全体が窓になっていて
見事なハーバービューを見ながら、ベッドで音楽を聴いたり、
雑誌を読んだり、オリジナルのジュースを飲んだりして
好きなだけ過ごせるようになっていました。
ジュースは、キャロットジュースとマンゴーヨーグルトジュースが
冷蔵庫に常備してあるのですが、どっちもすっごくおいしくて
わたしは思わず2本ずつ飲んでしまいました・・・(貧乏性)

そんなわけで、とっても満足だったペニンシュラのステイでした。
そして、部屋の窓から見えるスターフェリーに乗っているときにプロポーズされ、
彼と結婚することになりました。
これからは国際結婚の手続き等についても
ブログに書いていきたいと思います。

a0081976_23502919.jpg

[PR]
by on_leave | 2007-10-13 23:29 | 私事