6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ロンドンへ
明後日から10日間ほど彼が日本に来るのですが、
結婚に必要な書類は結局ギリギリ間に合わず、
5月末にまた再び日本に来るそうです。
だったら今回の旅行をキャンセルするとか、
わたしが1人で婚姻届を出しに行くとかしてもいいよ~と言ったのですが、
どっちもイヤだそうなので。
まあ、なるべく沢山わたしの持ち物をついでに持って帰って貰えると助かるので
ちょうどいいんですけれど。

そう、7月中旬には今のアパートを引き払って
ロンドンに引っ越すことにしました。
ひとまず、今彼が住んでいるフラットに落ち着くことになります。
なので、お気に入りのアパートとはこれでサヨウナラ。
いまのアパートはこれまでで一番気に入っていて、
ほぼ完璧にわたしの要求を満たしているので、
かなり名残惜しいです。
彼のアパート、外国らしく、シャワーの水圧が最悪なんですよね・・・。

仕事の方は、上司が退職ではなく休職扱いにするように
尽力してくれるそうなので、
籍だけはおいておけるかもしれません。
ロンドンに行くことのなにがイヤって、
仕事を辞めることだったので、かなりほっとしました。
彼の次の異動先が日本の可能性もゼロではないですから、
そうすれば、また今の仕事に戻れることになります。

婚姻届のほか、イギリスのビザの申請もしなければならず、
今の家の退去の準備もしなければならず、
もうめんどくさくてちょっとイヤになっています。
今のところ、まだ何にもしていませんが、
ものごとが進んだらご報告しますね。
[PR]
by on_leave | 2008-04-29 22:32 | 国際結婚への長い道のり
食べ物の写真たち
旅先で食べ物の写真を撮るのが大好きなわたし。
帰国したらブログにアップするぞ~!と思いつつ、
ぜんぜん実現せずにパソコンの中に大量に溜まっています・・・。
今日はそんな食べ物写真のうち、厳選した超おいしそうなものをアップします♪
晩御飯食べてからみてくださいね。

まずは写真おいしそう度ダントツ一位のこちら!!
a0081976_20322186.jpg


北京ダックですっ。
上海の全聚徳で食べました。
日本にも支店があるけど、なんかおいしさが違う~。
しかも日本だと9千円くらいする北京ダックが、
上海では一羽3千円くらい。
もう、Heaven・・・Taste of heaven・・・とつぶやきながら
彼と二人で一羽丸々食べました(笑)
しかも皮と肉を取った後の北京ダックは、
スープとして再び登場するのです。
無駄なく完食。
食べ過ぎて、ふらふらで、ちょっと気持ち悪くて、
北京ダックはもう一生分食べた・・・と思ったけれど、
その2週間後にまた北京ダックを食べに行きました。


次はこちら!
a0081976_2045383.jpg


サンフランシスコの中華料理店で食べた牡蠣です。
写真ではわかりづらいのですが、実はこの牡蠣
片手を広げた大きさよりも大きいくらいの
超特大牡蠣なのです。
もちろん身はプリップリ。
そこに味噌味のソースと葱がかかっていて、
もうこれまで食べた中で一番おいしい牡蠣でした。

a0081976_2047497.jpg


牡蠣といえばこちらも。
フランスのアルルで食べた生牡蠣です。
こっちはやっぱりキリッと冷えた白ワインがばっちり合います。
いくらでも飲める!食べられる!
ツルッ⇒グビッ⇒ツルッ⇒グビッ⇒ツルッ⇒グビッ
はぁ~エンドレス~

a0081976_20503343.jpg


生つながりで、ステーキ・タルタル。
パリのオルセー美術館で、一人で飲んで食べて・・・と
フレンチ祭りをしていたときの一品です。
ヨーロッパはカップル社会だから、
一人でいると食べ物に困るのですが、
オルセーのレストランは雰囲気がよくて、一人でも入れるので
一人旅の女性にとってもお勧めです。

a0081976_20543410.jpg


さらに生つながりで、生ハム~☆
スペインのバルセロナで食べた、ハモン・イベリコです。
もうこれも口の中でとろける天国の味。

a0081976_20564267.jpg


雲南省の奥地の村の屋台で見つけたのは、
このパンのような、お饅頭のような・・・な食べ物。
1つ10円くらいでした。
中にも肉そぼろが入っていて、おいしかったですよ。

a0081976_2143546.jpg


変わった食べ物といえば、トルコのイスタンブールで食べた
サバサンド。
焼いたサバがフランスパンに挟まっているのですが、
脂っこいサバの身がけっこうフランスパンに合うー。

a0081976_21273536.jpg


トルコからもう一品。
イスケンダル・ケバブです。
バターがしみこんだパンを敷き詰めた上に、
牛肉のケバブとトマトソースとヨーグルトがかかった料理なのですが、
日本では食べたことのないこの組み合わせがめちゃくちゃおいしい。
トルコにはたくさんのケバブがありますが、
わたしはこのイスケンダル・ケバブが一番好きです。

それでは、最後は食の国台湾から、点心4連続♪

a0081976_21443535.jpg



a0081976_21463684.jpg



a0081976_21483584.jpg



a0081976_21492711.jpg



ごちそうさまでした☆
[PR]
by on_leave | 2008-04-14 21:52 | そのほかちょっとした旅のこと
May Bride
a0081976_1323680.jpg


ご無沙汰しております。
この2~3ヶ月の間、ロンドンに行ったり、ブリュッセルに行ったり、
いろんな旅をしていたのですが、
PC故障により、まったく更新ができませんでした。
臨時のマシンをゲットしたので、
これからは少しずつ溜まった写真をアップしていきたいと思います。
ちなみに冒頭の写真はロンドンでセレブが多く住む
プリムローズという地区にあるパブです。
よくある(もちろん入場料など必要のない)普通のパブなのですが、
70代くらいのおじいちゃんたちによるジャズの生演奏が聞けるんですよ~。
とっても素敵でした。

ところで、10月くらいに婚約しました、というご報告をしてから、
特に言及することのなかった結婚話ですが、
諸事情ありまして、5月に入籍する予定です。
式はまだ予定していないのですが、
とりあえず形だけは夫婦になることになりそうです。
いまは彼側の書類準備中。
また遠距離国際結婚の苦労話なども、書いていきますね。
[PR]
by on_leave | 2008-04-13 01:40 | 国際結婚への長い道のり