6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イギリスでの出産体験記(前半)
旅行の荷造りにも飽きたので、
いまさらですが、忘れる前にイギリスでの出産体験を書いておきます。

<出産前>
月に1回程度検診に行くのですが、
体重測定なし、スキャンなし、内診なし。
血圧を測って、触診し、たまーに尿検査&血液検査をするだけでした。
結局体重測定は一度もなく、内診も出産当日までありませんでした。
ちなみに、わたしは妊娠の経過に全く異常がなかったので
検診はいつも助産婦が担当で、産婦人科医には会いませんでした。

なお、こちらでは、どのような出産をしたいのかという
バースプランを自分で作成します。
使いたい痛み止めの種類や、出産直後に母乳をあげたいか、
ベビーにビタミンKの注射を打ってもかまわないか、など。
わたしは、陣痛初期に笑気ガスを使い、出産は水中出産を希望。
ただし、痛みが激しいときはエピデュラルを使って無痛出産する、と決めました。
(これ、結局、作成した意味は、全くなかったのですが・・・)



<出産当日>
こちらの公立病院はどこでも同じみたいですが、
生まれそうになっても、なかなか入院させてくれません。
いや、検診すらしてくれません。

陣痛が始まっていると電話で訴えても、
5分間隔になるまで来てはダメだと言われ、
5分間隔になったと電話したら、
3分間隔になるまでダメだと言われ・・・。
最後に検診があったのは1週間以上前で
あまりに不安だったので、電話越しに泣いて頼んだのですが
パラセタモールを飲んで寝てなさい、の一点張り。

※パラセタモール:イギリス人が大好きなバファリンのような痛み止め。
陣痛に効くわけはない。

結局、夫になんとか説得してもらって
「じゃあ一応見ますけど、たぶんまた家に帰ってもらうことになりますよ」
と、捨て台詞まで吐かれつつ、ようやく病院に行けることになりました。

イギリスに来て初めての内診で、子宮の開き具合を見てもらうと
残念ながらまだ3センチ・・・
あと半日はかかりますね、と言われ(涙)
これは絶対、家に帰されるーと思ったのですが
渋滞に巻き込まれる時間帯になってきていたこともあり
奇跡的に入院させてもらえることになりました。

水中出産希望と伝えていたので、
プール付きの部屋に案内されて30分ほどすると
先ほどの助産婦が、シフト交代で自分は帰ると告げに来ました。
その頃には痛みがずいぶんと激しくなっていたので
エピデュラルを使いたいと頼んだのですが
まずは笑気ガスで様子をみましょうね、と。
しかも、それは次の人に言ってね、と
何も準備してもらえませんでした。

で、ここから存在を忘れられること約2時間。
何度か夫が助産婦の詰め所に問い合わせに行ったのですが
誰にも来てもらえないまま、1人床に転がったバランスボールにしがみついて過ごします。
しかしながら、そのときは気づきませんでしたが
入院したことの安心感からか
このとき、出産が一気に加速していたのです・・・。

痛みはどんどん激しくなり、間隔も短くなっていくのですが
助産婦がいないので、付き添いの夫が出産本を片手に
わたしに痛みの逃し方を指導(笑)
しかも、もう片方の手でサンドイッチを食べながら!
今から考えれば、なかなか面白い光景ですが
そのときは痛すぎて、状況を判断するゆとりは全くありませんでした。

そのうちになんだかいきみたくなってきて、
いきんでもいいかどうか、夫に詰め所に聞きに行ってもらったところ
「我慢しろ」と。
しばらく我慢していたのですが、もうどうにも我慢できないので
もう一度聞きに行ってもらっても、
「我慢しろ」。
いいから、とにかく誰か引っ張ってきてー!!と言ったところまでは
はっきり覚えているのですが、
それ以降は若干記憶が曖昧になるので
ここからは後から夫に聞いた話です。

長くなったので、後半に続きます。
[PR]
# by on_leave | 2009-06-13 08:05 | ベビーと私のDolce Vita