6 hours away
houraway.exblog.jp

2008年夏にロンドンへ移住。12月に息子出産。しばらくは旅にでられなさそうです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
U⇒イラチな関西人コンサルタント(休職中)
夫⇒太平洋のように心の広いイギリス人公務員
息子⇒やる気にあふれる0歳児
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ロンドン ( 18 ) タグの人気記事
イギリスでの出産体験記(後半)
夫が、いきんでもいいか、様子を見に来てくれないかと聞いても
詰め所にいた助産婦はまだダメ、と対応する気は全くなし。
しばらくそこで彼と助産婦が押し問答をしていると
偶然通りかかったチーフ助産婦が、一度確認したほうがいいと言って
病室に来てくれました。
まさに命の恩人!!

ようやく内診をしたところ、すでに子宮口は完全に開いていて
胎児の頭も出かかっていることが判明。
あわてて胎児の心拍を計る機械をつけると
(本当はもっと早い段階でつけているはずの機械です・・・)
心拍数が60近くまで下がっていて、危険な状態だったのです。

一度はセットされた笑気ガスも1分くらいで取り上げられ(笑)
胎児に酸素を送り込むために酸素マスクをつけました。
もう死ぬかと思うくらい痛かったので、
エピデュラルー!と叫んでも、いまさら遅いから、と即座に却下。
いまさらって!いまさらって!ずっと前に頼んでたし!!(怒)
もちろん水中出産も間に合わず。

そこから緊急ベルで産婦人科医が呼ばれ
胎児が危険な状態なので、吸引することになり
いきむこと6回くらいで息子は生まれてきました。
生まれてすぐに大声で泣いたので、夫はほっとしたそうです。

その後、ざっとタオルで拭いただけの息子が胸の上に乗せられ
感動・・・する間もなく、わたしは後産、縫合(かなり裂けたので)。
この縫合がまた、めっちゃくちゃ痛かった!
ちなみに、こちらでは産湯を使わないので
病院にいる間、息子にはところどころ血がこびりついたままでした(笑)

一時は産婦人科医、助産婦合わせて8人くらいいた病室も
息子の検診が済むと、さぁぁーっと誰もいなくなり
夫と私と息子が残されました。
後で母乳指導に来るわね、と言っていた助産婦も結局来ず。
そんな適当さにはもう驚きませんが
出産本片手の夫に、今度は授乳を指導される羽目になります。
ありがたいことに息子はやる気のある赤ん坊だったため
自力で母乳の飲み方をマスターしてくれて助かりました。

この時点でもう夜中になっていたので
私よりもヘトヘトになっていた夫には帰ってもらって、
息子と2人、病室で一晩過ごしました。



<出産後>
出産前に助産婦に、みんな出産後一晩で帰宅するけど
居たかったら3日間くらいいてもいいわよ~、と言われたときは
そんなすぐに夫と2人きりになっても不安だし・・・
と、思っていたのですが
結局、出産翌日に退院しました。

だって病院にいても別に何にもしてくれないし
(夜中に息子のオムツを一回替えてくれただけ)
ご飯はまずいし
周りの赤ちゃんの泣き声はうるさいし
こんなんやったら、家にいたほうがええわ!!

退院後は2週間くらいの間、2・3日に1回
助産婦が家まで様子を見に来てくれるので
それはとっても助かりました。
イギリスでは夫も出産休暇が取れて
出産後2週間は、ずっと家にいられるのもいい制度。
っていうか、彼がいなかったら
さすがに出産後すぐに1人で育児はムリでしたね。

あと、日本と違うのは、生後1週間くらいで助産婦に
そろそろベビーと一緒に外出したら?と言われることです。
ええー!?と思ったけど、郷に入れば郷にたがえ、で
生後10日前後の息子と一緒に、出生届を出しに行ったり
クリスマスショッピングに行ったりしました。
息子は寒風吹きすさぶ中、スリングにくるまれて平然としていましたが
縫合した傷が痛い私の方が、お出かけは辛かったです。
傷は結局、完治するのに3ヶ月くらいかかりました。


ずいぶん長くなりましたが、イギリス出産体験記でした。
想像していた出産の形とはずいぶん違いましたが、
結局は入院から2時間半、分娩期に入ってからはすぐの安産だったし
息子も今のところ何の異常もなく
すくすくと育ってくれているので
まあ、終わりよければ全て良し、でしょうか。
[PR]
by on_leave | 2009-06-13 08:07 | ベビーと私のDolce Vita
イギリスでの出産体験記(前半)
旅行の荷造りにも飽きたので、
いまさらですが、忘れる前にイギリスでの出産体験を書いておきます。

<出産前>
月に1回程度検診に行くのですが、
体重測定なし、スキャンなし、内診なし。
血圧を測って、触診し、たまーに尿検査&血液検査をするだけでした。
結局体重測定は一度もなく、内診も出産当日までありませんでした。
ちなみに、わたしは妊娠の経過に全く異常がなかったので
検診はいつも助産婦が担当で、産婦人科医には会いませんでした。

なお、こちらでは、どのような出産をしたいのかという
バースプランを自分で作成します。
使いたい痛み止めの種類や、出産直後に母乳をあげたいか、
ベビーにビタミンKの注射を打ってもかまわないか、など。
わたしは、陣痛初期に笑気ガスを使い、出産は水中出産を希望。
ただし、痛みが激しいときはエピデュラルを使って無痛出産する、と決めました。
(これ、結局、作成した意味は、全くなかったのですが・・・)



<出産当日>
こちらの公立病院はどこでも同じみたいですが、
生まれそうになっても、なかなか入院させてくれません。
いや、検診すらしてくれません。

陣痛が始まっていると電話で訴えても、
5分間隔になるまで来てはダメだと言われ、
5分間隔になったと電話したら、
3分間隔になるまでダメだと言われ・・・。
最後に検診があったのは1週間以上前で
あまりに不安だったので、電話越しに泣いて頼んだのですが
パラセタモールを飲んで寝てなさい、の一点張り。

※パラセタモール:イギリス人が大好きなバファリンのような痛み止め。
陣痛に効くわけはない。

結局、夫になんとか説得してもらって
「じゃあ一応見ますけど、たぶんまた家に帰ってもらうことになりますよ」
と、捨て台詞まで吐かれつつ、ようやく病院に行けることになりました。

イギリスに来て初めての内診で、子宮の開き具合を見てもらうと
残念ながらまだ3センチ・・・
あと半日はかかりますね、と言われ(涙)
これは絶対、家に帰されるーと思ったのですが
渋滞に巻き込まれる時間帯になってきていたこともあり
奇跡的に入院させてもらえることになりました。

水中出産希望と伝えていたので、
プール付きの部屋に案内されて30分ほどすると
先ほどの助産婦が、シフト交代で自分は帰ると告げに来ました。
その頃には痛みがずいぶんと激しくなっていたので
エピデュラルを使いたいと頼んだのですが
まずは笑気ガスで様子をみましょうね、と。
しかも、それは次の人に言ってね、と
何も準備してもらえませんでした。

で、ここから存在を忘れられること約2時間。
何度か夫が助産婦の詰め所に問い合わせに行ったのですが
誰にも来てもらえないまま、1人床に転がったバランスボールにしがみついて過ごします。
しかしながら、そのときは気づきませんでしたが
入院したことの安心感からか
このとき、出産が一気に加速していたのです・・・。

痛みはどんどん激しくなり、間隔も短くなっていくのですが
助産婦がいないので、付き添いの夫が出産本を片手に
わたしに痛みの逃し方を指導(笑)
しかも、もう片方の手でサンドイッチを食べながら!
今から考えれば、なかなか面白い光景ですが
そのときは痛すぎて、状況を判断するゆとりは全くありませんでした。

そのうちになんだかいきみたくなってきて、
いきんでもいいかどうか、夫に詰め所に聞きに行ってもらったところ
「我慢しろ」と。
しばらく我慢していたのですが、もうどうにも我慢できないので
もう一度聞きに行ってもらっても、
「我慢しろ」。
いいから、とにかく誰か引っ張ってきてー!!と言ったところまでは
はっきり覚えているのですが、
それ以降は若干記憶が曖昧になるので
ここからは後から夫に聞いた話です。

長くなったので、後半に続きます。
[PR]
by on_leave | 2009-06-13 08:05 | ベビーと私のDolce Vita
女王陛下の近衛兵-見習い中!
今日は、G20関連イベントの一つとして
Horse Guardsからバッキンガム宮殿までパレードがありました。
エリザベス女王が見られるということで
ミーハーな私は朝から出かける準備をしていたのですが
そこは空気の読めない3ヶ月児。
出かける直前にいろいろと大変なことをしてくれて、
ようやく現場に到着したときには
女王の乗った馬車も近衛騎馬隊も影も形もありませんでした。
残念すぎます・・・。

そこで、未練がましく道に残っている近衛兵を撮影していたところ
なかなか面白いビデオが撮れました。
ちょっと長いのですが、良かったらご覧下さい。
見どころは、
◆1分29秒に横切っていく近衛兵二人組が、怒られて1分50秒に戻ってくるところ
◆2分50秒からの近衛兵の整列
◆近衛兵が気になる警官
です。

ビデオはこちら
[PR]
by on_leave | 2009-03-31 06:51 | ロンドンで食べて買って遊んで
春到来?
ロンドンは今週、暖かい日が続いていて
まるで春が来たみたい☆
太陽が燦燦と照っているのが嬉しくて
毎日お出かけしています。
イギリスに引っ越してきてから、
天気がいいというだけで
気分がやたらと明るくなるようになりました。

でも天気予報のおじさんによると、
まだ冬服は片付けないように!!とのことなので、
これからまた寒くて暗い日がやってくるみたいです。
ほんとに残念な国です・・・。

a0081976_2514034.jpg

王立キュー植物園にて。
クロッカスが満開でした。
[PR]
by on_leave | 2009-03-21 02:51 | ロンドンで食べて買って遊んで
Wonderful Pram Life
これまではスリングかベビービョルンの立て抱き抱っこ紐(というの?)で
すべてのお出かけを乗り切ってきたのですが
さすがにカンガルー状態で外食は厳しい!
ショッピングに行っても何にも試着ができない!ので
昨日、ベビーカーデビューしました。

欲しいベビーカーはいろいろあるけれど(StokkeのXploryとか)、
夫の姉がお下がりを貸してくれたので
新しいのは買わずに、とりあえずは借りたものを試してみることに。
初ベビーカーの目的地として
日本大使館に出生届を出しに行くことにしました。

11時くらいから荷作りを始め、授乳してオムツを替えて
ようやく12時半に出発準備完了。

息子がプレイマットで機嫌よく遊んでいるうちに、
3階の我が家からベビーカーを抱えて降り、
建物の入り口でモタモタしながら、幌やらブランケットやら雨よけカバーやらをセッティング。
ふぅふぅ言いながら3階の家に戻ってきて、
さあお出かけしようとしたときにオムツ替えの必要発生。

1階にダッシュで下りてオムツ替えセットを取り出し、
3階に駆け上がってオムツを替え終わった頃には
息子の機嫌が急降下していたので、しばらくあやす。

やっとご機嫌になったので片手に息子、片手にかばんを抱え
1階に降り、またもやモタモタしながら息子をベビーカーに入れて
ようやく出発した瞬間に、息子ギャン泣き。

動けば泣き止むかも?ととりあえずバス停まで行ってはみたけれど
マックスに泣き叫んでいるのでどうにもならず、
うちにとんぼ返り。

授乳して、オムツを替えて・・・
ようやく涙目ながらもおとなしくベビーカーに横たわってくれた息子とともに
バスに乗ったのは16時を過ぎた頃でした。
大使館は16時半までなので、もちろん間に合わず。
もう目的が途中から「ベビーカーでお出かけを成功させること」にすり替わっておりました。

そしてバスに乗ってしばらくしたら雪が降り出し、道は大渋滞。
普段なら45分で行けるピカデリーサーカスに1時間半かかって着いたものの、
雪の中乳飲み子を抱えてどこにも行けず
フォートナム&メイソンのChanging Roomで授乳して
またもやベビーカーを断固拒否する息子は迎えに来てくれた夫に抱きかかえられ
わたしは空のベビーカーを押して
トボトボ家に帰ったのでした。

ベビーカーを導入したら、気軽にお茶やショッピングを楽しむ
ワンダフルライフが待っていると期待していたのですが、
現実は厳しかったです。
やっぱりしばらくカンガルー生活でいいや。

a0081976_0152470.jpg


スリングに入ると眠くて顔がおじいちゃんになる息子
[PR]
by on_leave | 2009-02-14 00:16 | ベビーと私のDolce Vita
ロンドンは雪
a0081976_2053696.jpg


日曜日の夜からとっても寒かったのですが、
月曜日の朝起きたら、一面の雪景色でした。
ロンドン市内は6センチくらい積もったようで
雪の影響でバスは運休。
地下鉄も一部運休。
夫の仕事もお休み。
私は病院のアポとお友達とのお約束があったのですが
それも交通手段がないのでキャンセル。
静かな平日の一日となりました。
通りのお店も半分くらいは臨時休業しているみたい。
18年ぶりの大雪とのことですが、
そうは言ってもそんな豪雪というほどでもないのに
ロンドンはなんだか機能不全状態。
雪の日にロシア人がイギリスに侵攻してきたら、
簡単に占領されそうです。

日曜の夜から朝にかけて息子がぐずりっぱなしで
ほとんど寝られなかったのですが、
夫が家にいたので、彼をお任せして私は少し昼寝できたのが
とっても嬉しかったです。
雪、ありがとう!

今日も雪の予報だったので、
また仕事が休みにならないかな?と淡ーく期待していたのですが
残念ながら交通機関が復旧し、普通に夫は出勤してしまいました。
といっても、今日の息子はとってもおりこうさん。
8時半に起きて、授乳のあとは静かに一人で遊び、
10時45分にちょっと抱っこしたら、すぅーっと寝入ってくれました。
おかげで私はちゃんとシャワーを浴び、朝ごはんを食べられたので
なんだか調子がいいです。
あと1時間くらいは寝てくれると思うので、その間に家事が終えられるかな。

外は太陽が出て明るく、道路や屋根や木々に残った雪で
街中がきらきらと光っています。
[PR]
by on_leave | 2009-02-03 20:07 | ロンドンで食べて買って遊んで
抱っこ星人
息子が我が家にやってきて5週間が過ぎました。

この5週間で彼ができるようになったこと。
・動きを目で追う
・腹ばいにしたときに、頭を持ち上げて左右を見回す
・たまに笑っているような表情を作る

この5週間で私ができるようになったこと。
・左手でお箸を使ってご飯を食べる
・10分でシャワーを浴びて着替える
・片手でキーボードを打つ

息子が抱っこ星人&昼間はなかなか寝てくれないので、
スリングに彼を入れて、何時間もカンガルー状態で生活しています。
肩&腰に負担がかかり、さらに前かがみになれないなんて
妊婦のときと全く同じ。
出産したら肩こりと腰の痛みから解放されると思っていたのですが
甘かったようです。
そんなわけでハハはなかなか大変ですが、
息子はスリングの中でヌクヌクとお昼寝し、
たまにおならをしたり、げっぷをしたり・・・。
赤ちゃんっていい商売だな~。
[PR]
by on_leave | 2009-01-21 05:08 | ベビーと私のDolce Vita
☆誕生☆
12月11日に無事男児を出産しました。
ベビーも私もとっても元気です。
出産体験については、いろいろ書きたいことがあるのですが、
新生児と一緒だと、なかなか両手が空きません・・・。
また追々更新していきます。
取り急ぎご報告まで。

a0081976_20134734.jpg

[PR]
by on_leave | 2008-12-30 20:15 | ベビーと私のDolce Vita
Ante Natal Class
忘れる前に、C&WでのAnte Natal Class(母親学級のようなもの?)について。

わたしが受講したのはMidwife(助産婦)主催のもので、全4回でした。NCTというイギリスでは定評のある団体主催のAnte Natal Classがいいという評判を聞いていたので、そちらも申し込んでいたのですが、周囲に聞いたところ大きな差はなさそうだったので、結局は無料のMidwifeのほうだけに参加しました。受講したお母さんたちの中には、役に立ったという人と、何の役にも立たないという人がいましたけど、わたしは受けてよかったです。

その理由としては、
・本で読んですでに知っていることでも、改めて説明されることでより深く理解できる
・陣痛の最中の呼吸法や、授乳やマッサージの仕方など、実技講習がある
・夫の妊娠/出産に関する知識が(飛躍的に)増える
などでしょうか。ちなみに、うちのまじめな夫は、どの妊婦さんよりも真剣にノートを取り、その後家で復習をしてノートを清書までしていました・・・。

4回の講習の内訳は、
 1回目:出産のために病院に来るタイミング、持ち物など+院内見学
 2回目:痛み止めの種類など
 3回目:出産において発生する問題など
 4回目:出産後の授乳、マッサージ、お風呂に入れるタイミングなど
でした。

一緒に受講しているのは、同じ月に出産予定の妊婦さんばかりなので、休憩時間にちょっとしたおしゃべりをしたりするのも楽しかったです。ただ、受講する部屋にやたらと生々しい出産写真などが貼られていて、それを見ると微妙にブルーになるのが難点でしたが・・・。知識が増えれば増えるほど、恐ろしくなる出産。もうすぐ始まりそうです・・・。
[PR]
by on_leave | 2008-12-11 12:54 | ロンドンで右往左往な新生活
病院での初検診
出産予定の病院を決めると、GP経由で病院に申し込みをし、
1週間ほどで病院から検診の通知が郵送で届きました。
日時は先方指定。
この有無を言わさない感じが、日本とはずいぶん違いますよね。
また、特に異常がない場合は、検診から出産まで助産婦の手によって行われ
最後まで産科医に会うことがないのも、日本とは異なっているところ。

そして、病院での検診日当日。
夫の付き添いのもと、助産婦による初検診を受けました。
まずは問診からで、私と夫の健康状態、宗教、家族の病歴、この妊娠は計画的か?
妊娠したことについて幸せに思っているか?など
かなり細かく聞かれます。
その後、血圧検査、胎児の心音検査、尿検査、グルコーステスト、血液検査を経て
結局合計2時間くらいかかり、終わったときにはかなりぐったりしました。

さて、この病院では、妊婦検診のスケジュールは以下のように決まっていました。

12週目以前 助産婦による検診、超音波検査
16週目    GPもしくは助産婦による検診
18~20週目 助産婦による検診、超音波検査、グルコーステスト
26週目    助産婦による検診、血液検査
30週目    GPによる検診
34週目    助産婦による検診、血液検査
36週目    助産婦による検診、バースプランの決定
38週目    助産婦もしくはGPによる検診
40週目    GPによる検診
41週目    助産婦による検診

上記のスケジュールを見て頂くとわかるとおり、
イギリスでは超音波検査が2回しかないのですが、
わたしは安定期になってからイギリスに来た上に、GP登録等で手間取ったため、
最初の検診時点ですでに妊娠27週目。
もうこのまま出産まで赤ちゃんの顔は見られないのかな・・・と残念に思っていたのですが
わたしがこれまでの超音波検査の結果をもっていなかったために
特別に今回、超音波検査も受けられることになりました☆
うれしーい!

2ヶ月ぶりに見るベイビーはしっかり赤ちゃんの顔をしていて、
なんだかとっても感動してしまいました。
今までは「これは人間ですか・・・?」という感じで、イマイチ実感なかったのですよね・・・。
超音波検査に参加するのが初めての夫は、
もっと感動した様子。
彼は家に帰ってからも、超音波写真をずっと見ていたので、
父親になる実感が湧いてきているのかな~、とわたしまで嬉しくなっちゃいました。
おでこは彼に似ているとか、唇はわたしに似ているとか、
この日の話題は超音波写真で持ちきりでした。
特にうちは顔立ちが全く異なっている夫婦なので(笑)、
パーツごとにどちらに似ているのかが明確に判定できるのです。
そして、早く彼に会いたいね♪と、
2人してまだ見ぬわが子への愛情が深まった超音波検査だったのでした。
(男の子でした~☆)
[PR]
by on_leave | 2008-09-18 18:45 | ロンドンで右往左往な新生活